Rave RTSM

単一のデータソースを用いてデータ入力を簡素化することで、無作為化割付と治験薬供給管理におけるデータ品質が向上し、リスクが軽減されます。

Balance の新時代

臨床試験においては、被験者を正確かつ効率的に無作為化割付し、治療群に対する薬剤供給をすることが極めて重要です。

深く結び付いたこれらの RTSM プロセスを管理するにあたり、洗練されていない時代遅れのシステムを使う理由があるでしょうか?

Medidata Balance は、Medidata Clinical Cloud 内の独自の RTSM ソリューションです。

機能と利点

  • 統合型。分断されたシステムやエラーが発生しやすい手動プロセスを採用している場合、スポンサー企業にとって複雑な状況を生み出すことになり、試験データや被験者がリスクにさらされる恐れがあります。Balance では、統合型 RTSM が Medidata Rave に構築されることで、これらのリスクが緩和されます。Rave EDC と Balance RTSM ソリューションを統合すれば、お客様のあらゆるデータが集中管理され、オンデマンドで利用できるようになります。
     
  • 設定可能。被験者の無作為化と治験薬の供給分配において、設定可能な単一のインターフェースを使用すれば、試験とチームの準備を短期間で整えることができます。旧式の音声自動応答システムでは多くの労力と費用のかかるプログラミングが必要でしたが、Balance RTSM では不要です。進行中のプロセスの変更もすばやく行えます。Balance はアダプティブ試験の厳しい要件にも対処でき、仕様書出力が自己生成されます。
     
  • 真の Saas ソリューション。Balance には、単発の試験/企業レベルソリューションとして、柔軟な実装モデルが用意されています。試験が続く限り、追加費用なしであらゆる新機能をご利用になれます。 

担当者に連絡

メディデータの製品ソリューションは、お客様固有の臨床試験ニーズに合わせてカスタマイズできます。ぜひメディデータをフォローして、お客様の臨床試験プロセスがどのように迅速化されるか詳しくご覧ください。

追加のリソース

White Paper

Choosing A Randomization Method In Rave RTSM

Case Study

帝人ファーマ株式会社 Medidata Balanceで医療現場の二重入力を回避、治験データ取得プロセスの効率化を達成

Case Study

Reata Saves Millions Leveraging Rave RTSM

Case Study

Private Immuno-Oncology Company Transitions To Rave RTSM