Edge CTMS

最新の CTMS を用いて臨床試験を計画、実施、モニタリングすることで、臨床試験プロセスの最適化、コストの低減、規制の遵守が実現します。

CTMS のクラウド版が誕生

臨床試験管理システム(CTMS)は、お客様に合わせて適応するべきであり、その逆であってはなりません。 

このため、メディデータの CTMS は 10 年以上前にクラウドで作成されています。試験の管理、支払い、モニタリングを目的とした強力なモジュールは、必要に応じて同時または個別に起動できるようになっています。 

Edge CTMS は Rave ECDC とシームレスに統合して、手動による追跡やデータの調整なしに、試験の進行状況をリアルタイムで表示します。 Edge CTMS によって来院報告の生産性が最大で 40% 高まり、運用コストが削減されることで、モニターは有意義な活動に集中することができます。

機能と利点

Edge CTMSを選定する理由

  • 設定可能。 Edge CTMS はクラウドテクノロジーにより、トップ 10 に入る製薬企業からスタートアップ企業、 CRO まで、どのような規模の組織に対しても同等のパワーをもたらすことができます。IT の専門知識も必要ありません。簡単な設定を行うだけで、お客様の試験に特有の要件に合わせて CTMS を調整できます。
  • アジャイルアジャイルソフトウェア開発手法によって CTMS の定期的な機能強化が行われ、クラウドを介して強化機能をすばやくご利用になれます。つまり、CTMS のペースをお客様の臨床研究プロセスと合わせることができます。
  • 統合型。コストのかかる統合や断片化されたデータに悩まされることはもうありません。 Edge CTMS のオープンアーキテクチャにより、他のシステムと情報がシームレスに交換され、データの自動入力、イベントの誘発、重複作業の除去が行われます。Medidata Clinical Cloud では、Rave EDC への接続も可能です。

CTI, Edge CTMS について語る

CTI Clinical Trial & Consulting の Louis Minham 氏が、クラウドベースの臨床試験管理システム「Edge CTMS」の選定と導入に関する見解について述べました。

担当者に連絡

メディデータの製品ソリューションは、お客様固有の臨床試験ニーズに合わせてカスタマイズできます。ぜひメディデータをフォローして、お客様の臨床試験プロセスがどのように迅速化されるか詳しくご覧ください。

追加のリソース

White Paper

The Virtual R&D Operating Model

Video

Why Cloud Technology Changed The Game For CTMSs

In the News

Ovum Decision Matrix: Selecting CTMS Solution, 2013–2014