Rave SensorLink

テクノロジーを活用 - Rave SensorLink は、被験者のウェアラブルデバイスから収集されたデータを解明するためのプラットフォームです。

すばやくクリーンなデータ収集

今日の臨床試験においては、eCOA から収集された主観的データを活用する目的で、客観的データを収集するという傾向が見られます。スポンサー企業は現在、被験者が着用しているセンサーから常時収集される生体データに価値を見出しています。

Rave PatientCloud ソリューションに組み込まれている Rave SensorLink は、バイオセンサーおよびウェアラブルデバイスからデータを収集するためのプラットフォームです。Rave SensorLink はパートナーエコシステムを介して、400 台以上の一般用センサーおよび医療用センサーにアクセスしています。

機能と利点

  • Rave EDC を介して被験者サマリの表示利用できるデータの概要
  • 未加工のデータストリーム(詳細な解析とダッシュボード)
  • 解析とダッシュボード(被験者のコンプライアンスとデータ品質を遠隔でモニタリングする目的)

ソースから被験者データを直接入手

アプリとセンサーを組み合わせて、臨床試験に関する情報を常時被験者に伝えることで、被験者が臨床試験への関与を深める可能性があります。

データはソースから直接入手できます。データ収集において転写が不要となり、ペースが上がります。クリーンなデータが得られることで手動データ入力の必要性がなくなり、結果として施設の負担が軽減します。

Rave SensorLink では、実績があり、規制に遵守した手法でバイオセンサー/ウェアラブルデバイスから得たデータを統合できます。

担当者に連絡

メディデータの製品ソリューションは、お客様固有の臨床試験ニーズに合わせてカスタマイズできます。ぜひメディデータをフォローして、お客様の臨床試験プロセスがどのように迅速化されるか詳しくご覧ください。