MENU

Medidata Academy

利用しやすいトレーニング

メディデータアカデミーは豊富なコースをさまざまなトレーニング形態でご用意しており、メディデータプラットフォームのノウハウをすばやく習得いただけます。

便利で確実なeラーニングは、研究チームメンバーがすばやくトレーニングを完了し、スタディを円滑に開始および推進できるようにデザインされています。一例として、Rave EDCトレーニングを完了した治験責任医師はすぐにフィールドデータ入力ができるようになり、依頼者による追加の管理業務は必要ありません。メディデータのeラーニングはMedidata Clinical Cloudからオンデマンドで直接アクセスが可能で、ご自身のペースで学習できます。

講師によるトレーニングもご用意しています。オンライン講義、あるいはメディデータのオフィス、​お客様の施設、治験責任医師の会議での対面講義を受講いただけます。講師によるトレーニングコースでは、実例を取り上げたり、各役割や責任、経験に応じたハンズオン​を実施します。講師養成コースでは、依頼者の社内講師にメディデータのトレーニングスキルを指導いたします。

受講可能者について

メディデータアカデミーが提供するeラーニングや講師によるクラス講義の多くは、メディデータのお客様またはパートナーのみが受講いただけます。

ただし、Raveスタディデザインと構築エッセンシャル(DM担当者用)およびRaveスタディ構築とエッセンシャル(データバリデーション)の公開クラスは、どなたでも受講いただくことができます。詳細は、academy_apac@mdsol.comにお問い合わせください。

メディデータのお客様やパートナーではない個人や団体が公開クラス以外のトレーニングの受講を希望される場合は、メディデータのお客様またはパートナーを通して受講をご登録ください。それ以外の方法で受講いただくことはできません。

開始にあたって

全コースのコースカタログ

トレーニングロードマップ

お問い合わせ先

ご質問は、academy_apac@mdsol.comまでお問い合わせください。

お問い合わせの際は、担当のメディデータプロジェクトマネジャーの名前を明記してください。